top > 長野県とバスケ

長野県とバスケット


 1891年アメリカのYMCAでネイスミス博士によって考案されたバスケットが、日本に紹介されたのは明治41年(1908年)に大森兵蔵によるとされているが、普及の契機になったのは大正3年(1914年)に来日したF・H・ブラウン氏による指導に始まったといえる。
 長野県には、大正12年(1923年)当時の長野県体育主事の中園進によって長野師範学校(現信州大学教育学部)に導入されたことが、今日の始まりとされている。

 大正13年(1924年)  松本高校(現信州大学)が明治神宮大会北信越予選に出場
 大正15年(1926年)  長野師範、長野商業も北信越予選に参加

昭和初期


☆昭和2年

 ○ 松本高校が長野市で長野師範、長野商業、長野工業を圧勝
   →長野師範、長野商業、長野工業でリーグ戦が開催される。(結果は長野師範の優勝)

 ○ 長野県体育会主催で中等学校籠球大会が開催される。
   →長野商業が優勝

 ○ 松本高校主催で県下および近県中等学校籠球大会が開催される。
   →長野工業が優勝

☆昭和3年

 ○ 近県籠球選手権大会
   →長野工業が優勝

 ○ 全日本籠球選手権大会
   →長野商業が出場

 ○ 長商クラブ結成
   →結成メンバー(小池善治、羽場久富、丸山武雄、徳永武雄ら)

☆昭和6年

 ○ 大日本籠球協会長野県支部が創設される。(長商クラブによって)

 ○ 籠球をやっていた学校
   【男子】
    松本高校、長野商業、長野中学、長野工業、長野師範、松本二中、松本商業、屋代中学、須坂中学、須坂商業、諏訪蚕糸、諏訪中学

   【女子】
    長野女専、長野高女、上田高女、上田実科高女、松本高女、丸子実科高女、野沢高女

   【一般】
    長商クラブ、篠ノ井ヒヤシンスクラブ(篠ノ井高女の教員によるチーム)

☆昭和7年

 ○ 長野商業が全国中等学校大会の決勝に進出
   →新潟商業に38-48で敗れるも、準優勝

 ○ 上田実科高女が明治神宮大会の3回戦まで進出

☆昭和8年

 ○ 長野商業が全国中等学校選手権大会に出場
   →新潟商業に33-56で敗れる。

 ○ 長野商業が明治神宮大会で全国制覇
   →決勝では東邦商業を45-33で破り、優勝

☆昭和9年〜

 ○ 長商クラブ、松本高女等のチームが毎年明治神宮大会、橿原神宮大会へ出場

戦後


☆昭和21年

 ○ 長野県バスケットボール協会発足

☆昭和22年

 ○ 北信の中等学校、女学校の大会開催(長野市)
   →長野工業専門学校(現信大工学部)主催

 ○ 第2回国民体育大会(金沢)に松本中学、岡谷高女が出場

☆昭和23年

 ○ 第1回長野県新制高校大会 開催
   →長野市で開催

 ○ 第3回国民体育大会 兼 第1回全日本高校選手権(福岡)
   →上田染谷丘高校 準優勝

top > 長野県とバスケ